40代プログラマーです。幼少期にも可能なプログラミング教えます。

これはあくまで、現在40代になってからプログラマーとしてようやく活躍出来るようになってからの、私個人としての意見や見解になります

未成年者であるお子さんの中でも、とくに、10歳以下の、いわゆる幼少期にあたる、子供の方を対象にして、お話を進めていく事にします。

プログラミングを勉強する前にパソコンのスペックを整えよう

こうした幼少期にあるお子さんの場合、10歳以上の年齢であるお子さんみたいに論理的に物事を考えたりするよりも、楽しさなどを優先した遊び感覚で、如何なる関心のある事を学習していく傾向があります

なので、そうしたメンタル面での物事の捉え方を優先をした、プログラミングを関単に楽しく学習をしていける場を、親御さんや保護者の方が提供をしていくという配慮が、とても大事なような感じがします。

事実、中高年男性の方などの場合には、ネット講座などである程度基本的な知識や実践での経験を積みながら、論理的になるだけ短期間で集中をしながら身に着けていくという事が一般的な感じがします

しかし、こうした学習方法は、幼少期の子どもには向かない感じがします。

そうした事情から、お子さん自身が楽しみながらプログラミングを自分の考えだけで学習していけるかの課題を解決していけるかの重要性を考えていく事の大切さについて、お話を私からさせて頂いたような形になります。

プログラミング教室の先生は、学習塾の先生も兼務している場合が多いので、子どもの教え方についてよく理解していますから安心です。

プログラミング言語ってなに?小学生にわかるように説明してほしい。