バグとは虫という意味なのですが…名前の由来ウラ話

プログラミングを学んでいるとバグという言葉が出てきます。

バグっというのは意味としては虫という意味なのですが、どうしてそんなことが名前としてつけられたの?ギモンに感じませんか?

そこでプログラミングの豆知識。

プログラミングを勉強する前にパソコンのスペックを整えよう

特に問題がないはずなのにパソコンが動かなくなってしまっい、中身を見てみたら虫が入っていたことが原因で動かなくなっていたことがわかりました。

そこから、プログラムやあるいはパソコンそのものが、何かしらの理由で動かなくなってしまっているが、

いまいち理由が判明しない場合に「バグが起きている」というような言い方をすることが定着したと言われています。

その真偽は定かではないのですが実際問題バグという言葉はあると使うことになりますので覚えておくと良いでしょう。

プログラミングをしているとトラブルというのはつきものです。

上手にバグと付き合っていき、しっかりと解決をして良いプログラムを作れるようになると良いでしょう。

プログラミング教室に通っていると、先生が「バグ」と連呼することがあります。

プログラミング言語ってなに?小学生にわかるように解説します。